初回相談無料
土・日・祝日もOK! 
出張相談可。(指定エリア内出張無料

相続問題のポイント相続関係者の思いを実現する

相続問題で最も大切な事は、相続関係者の思いを実現することです。
相続問題を円満に解決するポイントは、相続人関係者全員の思いの確認と、その思いを実現する方法を知ることが重要です。
相続人の一人でも思いを聞かなかったり、相続人全員の思いを聞いたがその実現方法が分らなければ、相続問題は解決しません。
相続・遺言・信託まるごとサポートでは、相続人全員の思いの実現を支援させて頂いております。
相続問題解決

まずは、相続の基本的な意味を理解したい!という場合は、相続まるごとサポート又は民事信託の基礎を読んでみてください。相続の流れにそって、相続問題の解決方法をご紹介しています。

相続に関する手続は全てお任せください

数ある相続に関するホームページからの相続・遺言・信託まるごとサポートが選ばれる理由は、相談に必要な「安心」と「実績」と「価格」がバランスよくできているから。単なる相続登記手続の案内だけでなく、相続問題の全般を全力でを支援します。
安心

安 心

資格者(女性資格者も在籍)が直接対応し、ご依頼主様のお悩みをじっくりお伺いいたします。
方向性やお見積にご納得いただいたうえで、当サポートにご依頼されるかどうかをお決め頂きます。
どうぞ安心してお電話いただき、まずは無料相談にお越しください。
実績

実 績

相続に関する相談で重要ポイントは、資格者の相続に関する知識と経験です。
当サポートは、年間100件以上の相続に関するご相談を頂いております。
それらのご相談から、単なる手続案内でなく、相続全般について幅広いご提案をしております。
価格

価 格

安心と実績があっても、相談をした後でなければ、概算費用も分らなければ不安です。
当サポートでは、できる限りHPに価格を掲載しており、低価格でサービスをご提供しておりますので、ご安心ください。
最終的なご依頼も、無料相談後のお見積を見て判断可能となります。

相続・遺言のサポート

相続まるごとサポート

まずは、相続の流れを知ろう!相続発生前の遺言・贈与・民事信託などの生前対策から、相続発生後の相続登記などの各種手続きに至るまで、専門家が詳しく解説。必要なサービスをご選択ください。

詳しく見る

生前にできる手続き

>> 民事信託を選択

贈与・遺言などの旧来からの生前手続に加え、現在は民事信託という手続きも選択肢の一つとなります。相続財産の管理に不安のある方は、民事信託をご検討下さい。

>> 推定相続人等の把握

正確な相続人調査から、相続手続きの準備が始まりますす。相続人調査には戸籍の収集が必須となります。

>> 生前の財産贈与

贈与と聞くと無料で財産を移すイメージがありませんか?しかし、贈与と税金は切っても切れない関係にあります。贈与の手続を行うには、専門家に聞いてから行いましょう。

>> 遺言の作成

遺言を作成することに、マイナスイメージをお持ちでしょうか?逆に遺言は、残された家族が困らないようにする、家族への最期の愛情です。

>> 自ら遺言の作成

思い立ったらすぐにできるのが、自ら遺言を作成する「自筆証書遺言」。まずは、ここからスタートしてみてはいかがでしょうか?

>> 公正証書遺言作成

遺言を間違いないようしっかり残したい場合は、公正証書による遺言の作成が最適です。遺言作成者が亡くなった後、直ぐに相続手続きが可能となります。

>> 遺言執行者の指定

遺言を作成しても、誰かが実行しなければ絵に描いた餅。遺言内容を実現するには、遺言執行者を指定することがとても重要です。

相続開始後の手続

>> 相続手続きをまるごと依頼

相続の手続は思った以上に大変。相続人の調査から預金の解約・分配、相続登記と面倒な相続手続きを全てお任せできます。

>> 相続人調査・戸籍の収集

相続が発生したら、一番に相続人を確定するために必要な戸籍の収集。しかし相続人が多い、本籍が遠方など収集が難しい場合があります。そのように面倒な戸籍の収集を全てお任せできます。

>> 遺言の確認

相続手続きにおいて遺言があれば、遺言内容が最優先されます。公正証書遺言の有無は、公証役場で確認できます。

>> 遺言の検認手続き

自筆証書遺言を各種相続手続きに使用するためには、家庭裁判所で検認手続きをとることが必要です。

>> 遺留分減殺請求

遺言で「全財産を特定の相続人に相続させる」と記載した場合であっても、他の相続人は一定の相続分を主張することができます。この一定の相続分を遺留分といいます。遺留分を侵害された場合は、侵害した相手に遺留分減殺請求をすることができます。

>> 相続財産の調査及び目録の作成

遺産を相続するか、しないかを、決める為には遺産の把握は重要です。仮にマイナスが多ければ相続放棄を考えなければなりません。

>> 相続方法の決定(3ヵ月以内)

相続財産は負債ばかりの場合などは、相続放棄の手続を検討する必要もあります。相続放棄手続ができる期間は3か月ですので、お早目の検討を。

>> 相続放棄

相続財産を調査した結果、借金が多い、又は多いかもしれないこともあります。このような場合は、相続放棄も重要な選択肢の一つになります。当サポートでは、1.5万円(税別)からご依頼頂けます。相続放棄申述期間の3か月期間を超えた方も一度ご相談下さい。

>> 限定承認

聞きなれない「限定承認」。「限定承認」は、プラスの財産を限界にマイナス財産を相続する手続です。一見何のメリットがと思われるかもしれません、意外にメリットもある手続です。

>> 遺産分割協議

創造手続きにおいて一番重要な遺産分割協議。遺産分割協議は相続人全員の同意が必要です。相続人に不在者や未成年者がいる場合、特別な手続が必要となります。

>> 相続人に未成年者がいる場合

遺産分割協議者(=相続人)に未成年者(20歳未満)がいる場合、特別代理人の選任申立てが必要となります。特別代理人が関与していない遺産分割協議は無効となります

>> 相続人に行方不明者がいる場合

遺産分割協議者(=相続人)に行方不明者がいる場合、不在者財産管理人選任の申立てが必要となります。選任された不在者財産管理人が行方不明者に代わって遺産分割協議に参加することになります。

>> 遺産分割解決事例

相続・遺言のご相談は千差万別です。当事務所には、様々なご相談が寄せられています。その中で、相続・遺言でお悩みのある方に参考になる事例をご紹介しております。

>> 不動産の名義変更

遺産分割協議が成立しても、相続登記をしなければ、売却・担保提供等が一切にできません。遺産分割協議後に相続人の誰かが死亡した場合は、再度の遺産分割協議が必要となります。相続登記手続きはお早目に。

>> 相続不動産の売却

相続不動産を売却して、相続人間で売却代金を分配することもあります。しかしその手続きは意外に注意することが多い手続きです。当サポートは、相続不動産売却のサポートをいたします。

相続に関する税金

>> 相続税の申告(10ヵ月以内)

平成27年1月1日より相続税の基礎控除が下がりました。相続税が発生しないと思っていても、実は発生している場合もあります。相続財産の確認を。

不動産登記名義変更

相続・遺言による不動産の名義変更の事なら、お気軽にお問い合わせ下さい。4万円(税別)からご依頼頂けます。戸籍の収集代行から、登記申請まで、全力でまるごとサポートいたします。

詳しく見る

相続放棄サポート

相続財産を調査した結果、借金が多い、又は多いかもしれないこともあります。このような場合は、相続放棄も重要な選択肢の一つになります。当サポートでは、1.5万円(税別)からご依頼頂けます。

詳しく見る

相続放棄
相続財産を調査した結果、借金が多い、又は多いかもしれないこともあります。このような場合は、相続放棄も重要な選択肢の一つになります。当サポートでは、1.5万円(税別)からご依頼頂けます。相続放棄申述期間の3か月期間を超えた方も一度ご相談下さい。

>> 詳しくはこちら

限定承認
聞きなれない「限定承認」。「限定承認」は、プラスの財産を限界にマイナス財産を相続する手続です。一見何のメリットがと思われるかもしれません、意外にメリットもある手続です。

>> 詳しくはこちら

遺言書作成サポート

遺言の重要性は分っているけど、作成について不安や疑問も多いものです。当事務所は遺言の専門家として不安や疑問にお答えいたします

詳しく見る

遺言の作成
遺言は本当に必要?遺言の種類は?遺言を作成しておけば安心?これらの遺言についての疑問にお答えいたします。

>> 詳しくはこちら

自ら遺言を作成
自分で作成する方法が、自筆証書遺言。気軽に作成できる反面、法律に沿って作成しなければ無効になる可能性も。自筆証書遺言作成の疑問にお答えいたします。

>> 詳しくはこちら

公正証書遺言の作成
年々作成数が増加する安心・確実な公正証書による遺言作成。でも内容はどうすれば良いの?そんな疑問を的確にアドバイスいたします。

>> 詳しくはこちら

生前対策贈与

贈与と聞くと無料で財産を移すイメージがありませんか?しかし、贈与と税金は切っても切れない関係にあります。贈与の手続を行うには、専門家に聞いてから行いましょう。

詳しく見る

相続手続きをまるごとお任せ

相続の手続は思った以上に大変。相続人の調査から預金の解約・分配、相続登記と面倒な相続手続きを全てお任せできます。

詳しく見る

民事信託のサポート

民事信託の基礎

聞きなれない「民事信託」。新しい財産管理・承継の形で注目されています。民事信託の疑問は、お気軽にお相談下さい。

詳しく見る

他の手続との比較

「民事信託」と「贈与」「成年後見」「遺言」などとの手続きを比較。メリット・デメリットを検討しましょう!。

詳しく見る

民事信託の活用事例

民事信託がどのような場面で活用できるのか?活用事例をとおしてご紹介いたします。

詳しく見る

民事信託の流れ・費用

民事信託を依頼した場合の、ご相談から契約までの流れと費用が、どのくらい発生するのかを解説します。

詳しく見る

民事信託と税務

民事信託にはどのような税金が発生するのか?信託の設定から終了までを解説します。

詳しく見る

民事信託と事業承継

民事信託を利用すれば、スムーズな事業承継が可能です。中小企業のオーナー様には必須の知識です。

詳しく見る

お客様の声

広島の司法書士法人武田事務所をご利用頂いたお客様の声

武田事務所をご利用頂きましたお客様から頂戴した、率直なご意見・ご感想を紹介いたします。
お客様より許可を頂き、直筆も公開しておりますので、事務所選びの参考にしていただければ幸いです。

代表の思い

相続の専門家の司法書士が、あなたに代わって一括サポート

お客様にとって相続手続きは、一生に数える程度しかない経験ですから、不慣れでわからないことだらけで当たり前です。
通夜・告別式など、ご葬儀関連だけでも大変なところ、さらに不慣れな相続手続きともなると疲労困憊状態でご来所になられる方がほとんどです。
だからこそ、相続・遺言・信託まるごとサポートでは、相続のお悩みの1つ1つのご相談をわかりやすく丁寧にご案内いたします。
相続人間で揉めているケースや、借金を相続したようなケース、死期が迫っており迅速な対応が必要なケースなどは、お客様自身が焦っており、頭の中での状況整理が不十分なため、専門家のサポートがより重要となる場面でもあります。
相続・遺言・信託まるごとサポートは、司法書士主体の相続相談窓口ですが、各種パートナー専門家とともに、基本的な相続手続きから複雑な相続問題(トラブル案件、相続税案件など)に至るまで、すべてのワンストップで解決いたします。
  

[司法書士法人武田事務所] [広島県安芸郡海田町南昭和町1-31] [34.366914] [132.537700]

Page Top

〒736-0065
広島県安芸郡海田町南昭和町
1番31号
TEL:082-821-0200
Mail:takeda@office.email.ne.jp
駐車場完備

所属司法書士
・司法書士 武田圭史
会員番号0852番
簡裁訴訟代理関係業務認定
第524021号
・司法書士 竹川由佳
会員番号0813番
簡裁訴訟代理関係業務認定
第524020号

Copyright © TAKEDA OFFICE All Rights Reserved.